DlifeはBS258チャンネル 月4回金曜日更新!4月からスタート!

少女漫画の王子様が3次元に!

2013.07.26

今月のコラムリレーは「プライベート・プラクティス LA診療所 シーズン1」!

ちなみに前回のおおたわ先生のペディキュアのお話、そのオトメ心に共感です!

さて、今月も犬山は勝手にキャラ分析をしようと思います!

で、キャラ分析の前にまず、ドラマの感想を。

アラフォーの世界屈指の新生児外科医アディソンが、心機一転LAの小さなクリニックに転勤するところからスタート。
場所も解放感溢れるLAだし、何だか人生をリセットできそうな予感!
しかし、そのクリニックには、腕は確かだけど、プライベートで問題を抱えるドクターたちだらけ。
元彼のストーカー、ネットで女の子をナンパするのが治らない、離婚ホヤホヤのカップル…。
しかも、アディソンがその病院で働きだすことを親友以外誰にも伝わってなかったというアウェー感からスタートですよ!

最初は「これ、やっていけるの?私だったら泣いてすぐ前の病院に戻るけど!」と思ったのですが、スタッフ同士で協力して患者を守ったり、親友とガールズトークしたりしている様を見ているうちに、杞憂だな、とホッとしたのでした。
むしろ一見勝ち組に見える人達もみんな悩んでいるのか…と少し楽になれるぐらい。
人の幸せなんて、仕事やルックスだけじゃ判断できませんものね。

で、個性豊かなキャラクターももちろん見どころだけど、アラサーの犬山は、
このドラマの大きなテーマ「妊娠・出産」に釘付け!

なんとなく、将来子供を産むかどうか、なんてことを考え始めたり、
身近な人の出産を見たりして、心の底に「ちゃんと考えなきゃいけない問題」と刻み込まれていたんですよね。
でも、仕事もあるし、今はまだ…なんて考えることを先延ばしにしていたのも事実。

そんな中、アディソンたちが患者さんの出産や、不妊治療などに取り組むたびに深く考えさせられるのでした。

結婚や、妊娠、出産について考え始めた女子にとってもこのドラマは必見かと思います!

さて、今回のキャラ分析は…

もちろん、アディソン!
自分の仕事への自信に満ち溢れる美人…と言えば聞こえはよいけど、
オペ中に怒鳴ったり、
人の意見聞かないでテンパったりと、かなりヒステリーを起こし気味なんですよ。

見て下さいよ、この男を罵倒する顔!!
いくら美人でもこれはヤバイ!

その上、若干男をバカにするところもあって、若いイケメンの助手におざなりな態度をとっちゃったり…。

これは、恋愛下手なのがよくわかりますよね…。
日本よりは女性が社会進出しやすいアメリカではありますが、それでもやっぱり女がキャリアを積むのはまだまだ大変。その上独身となると、女性は周りから妙な嫌味を言われることもありますよね…。
そういった背景を考えるとそんな肩肘をはっちゃう彼女が愛おしくも思えるのですが、なかなかこの愛おしさ、異性には伝わりにくい!

転勤したてで、昔キスをしたことがある同僚に「キスをした俺がいるからこっちに来たんだろ」と言われる始末だし…。

 

実は、最終的には相手の意見も受け入れるし、他人に優しい一面も持ついい女なんだけど…。

 

そんなわけで、アディソンは

「愛すべきツンデレ女!」
しかも、ツンデレのツンがちょっと多すぎる、切ない不器用女子でございます…。
せめてデレが30%あれば…!

私もついつい男性に強く出てしまったり、いじめちゃったりするところがあるので非常に身に沁みます。
とっとと素直になってくれればいいのですが…。

そんなわけで、彼女には絶対幸せになってほしい!
ならなかったら、もう製作者を恨むレベルで感情移入してしまったのでした…。

思い当たる節のあるみなさんは是非見て下さいね!

少女漫画の王子様が3次元に!

2013.06.28

こんにちは!

前回の桐生教授の本格プロファイリング、すごーく真剣に読んでしまいました。
だってタイトルが「プロファイリングは恋愛にも使える!」ですよ?
とっても勉強になりました。みなさん、さっそく使おうじゃありませんか!

ところで、恋愛といえば犬山も黙ってられませんよ!
今回は『クリミナル・マインド/FBI vs.異常犯罪シーズン4』を勝手にキャラ分析です!

シリーズ通して大人気のクリミナル・マインド、名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

犬山も名前は知っていたけど今まで見た事が無かった派。
最初はシーズン4からで大丈夫かな、ちゃんと物語に入っていけるかな、と不安だったのですが、やはり大人気なだけあって、5分後にはハラハラドキドキさせられていました。
だって、最初主人公の超ピンチから始まりますから…!
一瞬で日本のアラサー女が、FBIの凄腕に感情移入!

突如1台の車が爆発炎上するシーンからはじまり、
そこには爆発で重傷を負ったBAUメンバーが!?
助けを求めるBAUメンバー!!!

でも第一被害者は、第二次の爆破ターゲットになる可能性があるので
安全が確認されるまで誰も爆破現場に近寄ってはならないという決まりが…。

「何ですぐそこにいるくせに誰も助けに来ないんだーっ!!!」
と心の中で絶叫してしまいました…!

そこからは、息つく暇もない豪華なストーリー展開。
是非みなさんがそこからは体験してみてください。

さて、本題のキャラ分析っ!
桐生教授には実生活に使える本格「恋愛プロファイリング」をレッスンいただきましたが、 ここでは登場人物の人柄を犬山式で分析!彼らの恋愛偏差値を割り出してゆきたいと思います!ストーリーだけじゃなくて、キャラも良くて粒揃いなんですよ…。

まずは、主人公ホッチ!
仕事も出来るし、情にあつく、真面目。絵に描いたような主人公ですが、こういう真面目な人は確実に仕事を優先するタイプ。更にそんなに面白いデートも期待できない…。記念日もどうせスルーだろうし…。上司にはしたいけど恋人にはしたくない男ですね…。
そんなわけで恋愛偏差値 45です!

お次はモーガン。
男気に溢れ、自分よりも人を優先する彼。コミュニケーション力も高く、ユーモアのセンスもバッチリ。もう、お分かりですよね。モテるに決まってます!!!
軽口を叩きながらも、女性を気遣ってくれるデートが目に浮かびます。モテすぎて浮気が心配なところが玉に傷!
そんなわけで恋愛偏差値 65です!

お次はガルシア!
ド派手な、決して男ウケの良いとは言えないファッションに身を包む彼女。
一見モテなさそうに見えるけど、どんなにショックな時でも的確な判断ができるという本命女子に欠かせない要素をしっかり持っています。(ヒステリーを起こすのが一番別れに近づきますからね…)
その上、一緒にいる人を明るい気持ちにさせるキャラも居心地良く、これもまさに本命力。
そんなわけで恋愛偏差値 55です!

最後は、エミリー!
美人で頭も良く、一見モテそうですが、頭が良すぎるせいで「気付かなくて良い男 嘘」まで見抜いてしまい、男性はタジタジ…。
男性のプライドも刺激してしまうため、このタイプは一般男性にウケが悪く、逆に責任を負わなくて良い不倫男性に声をかけられてしまうという悲劇も…。
もう全てが切なすぎる…。
そんなわけで恋愛偏差値は40です!

いかがでしたでしょうか?
みなさんも登場人物を見ながら「恋愛プロファイリング」してみるのも楽しいと思いますよ~!

犬山はやっぱり「本命力」が欲しいので、ガルシアから今後も色々学ぼうかと考えております!

さてお次は数々のテレビ・雑誌・広告でご活躍中の読者モデルの森下まいさんです!
お楽しみに~!

少女漫画の王子様が3次元に!

2013.05.24

さて、5月4週目のコラムリレーは私、桐谷さんからバトンを受け取りました犬山紙子が担当いたします!

桐谷さん、個性的過ぎます!
ご自身のエピソードもすごくおもしろくて、最近人気急上昇な理由も納得です!
さてさて、今回もビシビシ勝手にキャラ分析していきますよ~!

今回のコラムリレーの題材は「ホワイトカラー」!
FBIと天才詐欺師のタッグということで、心理戦を非常に楽しみにしながらDlifeで放送を見たのですが、見始めて5秒でもう違う楽しみが心を満たしました…!

もう、コラムリレーを読んでる方はおわかりかと思いますが、そう!それは…
天才詐欺師・ニールの信じられないくらいのイケメンぶり!!!

この人は本当に3次元なのか…2次元じゃないのか…と目を疑いましたよ。
犬山、イケメンはあまり興味ないと言い張っていたのですが、ここで今までの主張を覆したいと思います。

透き通るブルーアイズに、きれいな筋肉がついた体、恐ろしく整った彫刻のような顔に、ビシッとスーツを着こなす…。
FBIモノと言えば視聴者は男性がメインになりそうなところ、このニールのお蔭で女性の心もバッチリつかんじゃっている筈。

さて、そんなニールのキャラは…

少女漫画の王子様!

です。


※手が勝手にバラを書いてました


いやあ、いつもうがった目でイケメンを見ちゃう私も、ぐうの音もでません。
これは、日本で少女漫画を読んでいた女の子たちが、一番好きなキャラクターそのものなんですよ。製作者よ、いつ日本の少女漫画を読んだ?ってな具合に。

天才で(頭のいい男が知能を見せつけるカッコよさといったら!)、詐欺師で(危険な香りが超セクシー)、スーパーイケメンで(ニール役のマット・ボマーの両親に感謝したいレベル)、友人思いで(私の事も思ってくれーっ!)、たまに寂しそうな顔をする(母性本能くすぐりすぎだろ!)…。

しかも演出もニクいんですよ!
豪邸で、ガウンを着てバルコニーでコーヒーをたしなんだり、
ボロボロのファッションから超オシャレなスーツ姿に変身したり、
仕事終わりに葉巻を吸ったり、
上半身裸のサービスカットが入っていたり。

最近のドラマや映画って人のリアルさを追い求める風潮があるのでここまで「正統派イケメン」の演出ってなかなかないんですよね。
でも、やっぱり少女漫画を読んで育った日本女子は、こういう正統派イケメンを求めているんですよ!
この不景気、こんなゴージャスなイケメンって現実にはいないじゃないですか!(涙)
だから、せめてテレビの中だけでも、そんなイケメンいたっていいじゃないですか!(涙)
31歳、恋愛に疲れ果て、全てに焦りを感じている中、せめてテレビに癒しがあっても良いじゃないですかっ!!(あ、私情をはさんでしまった…)

そんなわけでこれは声を大にして、日本の女性におススメできます!
特に最近恋をしていない女性は、ドラマに出てくる男性に恋をするだけでも女性ホルモンの分泌も活発になるといいますし、見なきゃ損!

もちろん、ストーリーもサクサク進んで楽しい!
ちゃんと1話で事件が解決して、ストレスなく楽しめるんですよ。こういう系のドラマって伏線を張りすぎて訳が分かりにくくなったりするのですがその心配もなし。安心して忙しい中でも1話1話を楽しめるわけです。
しかも事件のヒントをニールが気付く時のかっこよさといったら…!
(あ、また話がニールのイケメンぶりへ…)

ちなみにオマケでもう一つ見どころを。



どうでしょう!この見事なアゴ!!
こんなきれいにYの字をしてるアゴは初めて見ましたよ。
このアゴの持ち主が誰か、それは是非みなさん見て確かめて下さいね~!
(大丈夫!ニールじゃないから!)

さて、コラムリレー次回は、カラー&ビューティートータルアドバイザーとしてもご活躍中の読者モデルの筧沙奈恵さんです!

カラー&ビューティートータルアドバイザーって、どんなことしてる人なんだろ。。。
楽しみです!!

では、また次回お会いしましょう!

鬼のようにプライドが高いのに、憎めないゾーイの巻!

2013.04.26



さて、4週目のコラムリレーは私、高木先生からバトンを受け取りました犬山紙子が担当します!

高木先生のコラムは、ゾーイと同じ女医ならではのキレキレなコラムで、読み応えありましたねぇ!私も負けじと、登場人物を独断と偏見で勝手にキャラ分析していこうと思いますので、みなさま、どうぞよろしくお願いします~!

さて、今回見たのは「ハート・オブ・ディクシー ドクターハートの診療日記」でございます。
初回ですし今回は主人公のゾーイのキャラ分析をしていきましょう!

美人で頭も良くてオシャレな主人公ゾーイは、心臓外科医を目指しNYでバリバリ働きはじめたわけですが、「お前は腕はあっても心がたりん!開業医の元で1年修行してこーい!」と外部局長に言われ、田舎はブルーベルに嫌々行く…というストーリーから始まるのですが、もーとにかくゾーイ、プライド高すぎ!

最初のバスに乗って田舎へ行くシーンで「ブランド物のジャケットを着て一人浮いているのがこの私」と自慢たっぷりに自分を解説するわけですが、「私はあんた達田舎ものとは違うのよ」感がぷんぷんで非常にいけすかないんですよね。いくら天下のゾーイ様といえど、犬山紙子はスルーしないぞ!

なおかつ、初対面の相手を「ソイラテ(18キロ先にしか売ってない)買って来い!」とパシらせるわ、売られた喧嘩は買うわ、田舎道でこれ見よがしにヒール履くわ…。

この鬼のようにプライドの高いゾーイに、
「だ、大丈夫かな…。主人公だけど愛せなかったらどうしよう」
と最初は不安に思ったわけです。

が、しかし見ていくほどに
「ああーーー!ゾーイ超愛おしいわ!」
となってくるんですよ!!

だって「君は仕事のことしか頭にない」とボーイフレンドにふられちゃってるし(まあ、いくら美人でもコレじゃモテないですよね)、
嫌なことがあった日は箱ワイン外でガブ飲みするし(箱ワインって安くてたっぷり入ってるからとにかく酔いたい時に最適なんですよ。この製作者、わかってる!)、
その勢いで「コイツとだけは絶対無いわ」って男とキスするし、
お尻でクラクションならしちゃうし、
いいなって思った男は…(これは見てのお楽しみ!)

もうまるで負け美女の友達を見てるみたいなんですよ!
※(負け美女とは、恋愛や結婚したいのにできないアラサー以降の美女のこと)
プライドの高さも「きばっちゃってるんだな」って思うとかわいいし。

その上、やっぱり情に厚い!
一見クールに見えるし、実際クールなところもあるけれど、大事なところはちゃんとハズさない。
これは映画版ジャ○アンのような情の厚さですよ!

ちなみに、負け美女達も実は情に厚い面を持ち合わせていたりします。
女友達が失恋すればみんなで集まって、酒を飲んで笑い飛ばし、何か悩んでる友達がいたら夜中でも駆けつける。まあ、同性にしかわからない情の厚さなので、これでモテたりするわけではないのが悲しいところだけど、同性を大事に出来る女って本当の意味でいい女ですからね!

そんなわけでゾーイ、まごうことなき負け美女認定です!

そして、これからの彼女が今後どうやって仕事に恋愛に奮闘していくのか。
ゾーイの悩みは、日本の働く女の子達の悩みにもかなりリンクするはず。見届けることでたくさんのヒントが貰えそう…これは必見ですね!

さて、コラムリレー次回は読者モデルの水野佐彩さんです!

水野さんは準ミス立教になったことのあるうらやましい限りの勝ち美女なので、
みなさんもお楽しみに~!

「プライベート・プラクティス LA診療所 シーズン1」

「ホワイトカラー シーズン1」

「ハート・オブ・ディクシー ドクターハートの診療日記」ON AIR SCHEDULEをチェック!

全米でのべ1.8億人が視聴した「リベンジ」特設サイトはコチラ!

  • ※掲載のコメントは、当社の意見を反映しているものではありません。
  • ※番組内容、放送時間等は予告無く変更する場合があります。あらかじめご了承ください。